水素水効果測定比較

水素水効果測定比較

本物の水素水だけ紹介します!

 

以下の表は、水素水のアルミパウチ商品に特化して、各それぞれの商品が本当に水素水が入っているのか?

 

 

と言う疑問を解決すべく、実際に測定した【酸化還元電位】を調査した物です!

 

 

ちなみに【酸化還元電位】とは、水素に反応して−(マイナス)の数値が高ければ高いほど水素が入っていると確認する事が出来ます。

 

 

プラスの数値が大きいほど酸化されている水であり、マイナスの数値が大きいほど還元力が強い水であるといえます。

 

 

参考までに、各地域の水の【酸化還元電位】を調べてみました!

 

 

酸化度が高い水(プラスの水)が私たちの身体に有益のはずがありません。

 

 

それでは見ていきましょう!

 

北海道 札幌市 +614mv
北海道 網走市 +180mv
山形県山形市 +173mv
宮城県仙台駅 +440mv
栃木県宇都宮市 +587mv
福島県いわき市 +523mv
新潟県「湯沢の湧水」 +280mv
東京都葛飾区 +707mv
静岡県沼津市 +443mv
愛知県西尾市 +530mv
大阪市中央区 +750mv
広島市東区 +595mv
福岡市博多 +580mv
沖縄県那覇市 +436mv
石垣島の井戸水 +194mv
財宝(ミネラウウォーター) +140mv

 

あなたの地域周辺はどうでしょうか?大体周辺地域は同じぐらいと考えられます。

 


この数値を目安に水素水の【酸化還元電位】を見ていくと、より水素水の還元の凄さが実感できると思います!

 

 

また、水素と言うのは直ぐに抜けてしまうのが特徴で、メーカー記載の水素濃度と言うのは充填時の数値なので実際に飲むときの水素濃度とは異なります。

 

 

※充填時(じゅうてんじとは?容器に詰めた時の事)を言います。

 

 

ですので、充填時の水素濃度よりも、実際に飲む前の水素濃度が当てになるのです!

 

 

そこで以下の表で【水素水の開封時実測値】を調べてみました!

 

商品名 酸化還元電位 水素水濃度(開封時実測値)
トラストウォーター -600 1.0ppm
ビガーブライト -585 1.2ppm
水素たっぷりのおいしい水 -554 0.8〜0.94ppm
ナノ水素水キヨラビ -555 0.8ppm
CRYSTAL水素水 -503 0.86ppm
浸みわたる水素水 -502 1.0ppm
伊藤園【高濃度水素水・パウチ】 ‐400 0.9〜1.06ppm
伊藤園【還元性水素水・アルミ缶】 ‐350 0.2〜0.42ppm
高濃度ナノ水素水「仙寿の水」 -500 0.8ppm

 

この表を見たら、ここで紹介している水素水は本物の水素水と言う事がお分かり頂けたかと思います!

 

 

【酸化還元電位】で間違いなく水素が確認できたものだけをご紹介しています!

 

 

どの水素水商品も開封時の実測値で、水素濃度は、0.8〜1.2ppmとそれ程差はありません!

 

 

これぐらいの差なら価格で選んでもいいのかな。って思います!

 

 

後は自分が続けれる水素水を選ぶことが重要です!

 

 

 

あなたにオススメの関連記事