ビガーブライト効果測定 比較

【ビガーブライト効果測定 比較】硬水が好きな人に向いている水素水!

ビガーブライト効果測定 比較

【ビガーブライト】の効果を比較するときには、様々な試験を行ってその効果測定をすることが出来ます。

 

 

一般的な水素水の測定方法には、【溶存水素濃度測定】があります。

 

 

溶解水素濃度判定試薬は1滴透明に出来れば0.1ppmとして、何滴透明に出来るかを確認していきます。

 

 

それに、溶解酸素の影響分の0.0〜0.2ppmを考慮し、透明に出来た滴数と0.0〜0.2ppmが大体の溶存水素濃度となります。

 

 

では【ビガーブライト】のこの試験の測定結果によると、12滴透明にする事を確認出来たとあと、1.2〜1.4ppmという結果が出ています。

 

 

また、酸化還元電位測定もあります。

 

 

これは、開封時の最大値が-604mVと高い還元力があると確認されています。

 

 

測定開始から1時間後までの測定結果は、5時間経過してくると約半分にまで落ちて、その後は緩やかに数字も下がっていくという結果が出ています。

 

 

24時間経過後の数値がプラスという効果測定が出ていて、封をしないで24時間経過してしまうと、水素は完全に抜けきるようです。

 

 

溶存水素濃度と酸化還元電位、両方とも高い数値の結果が出ているので、水素が充分に入っていることも確認されています。

 

 

また、飲むと硬度が71で中硬水となっているので、かなり飲みごたえのある水素水です。

 

 

硬水が好きな人に向いている水素水です。

 

 

モンドセレクション金賞受賞

 

水素濃度1.6ppmの高濃度水素水で、厚生労働大臣認可NCC推薦品です。

 

 

あなたにオススメの関連記事