水素水を大量に飲むとどうなる?

水素水の飲む量について

水素水を大量に飲んでも意味が無い?

 

水素水は、シミやシワや老化に加え、癌や糖尿病、脳梗塞などの病気を引き起こす原因となる「活性酸素」と結びついて、除去する働きがあるのは、ご存知だと思います。

 

 

これらの一連の働きを、抗酸化力と呼ぶこともありますが、

 

 

こんなに体にとって良いことだらけなら、水素水をいっぱい飲んで、

 

 

「シミやシワを減らしたい」、

 

 

「病気を治したい」

 

 

と思うと思いますが、水素水はたくさん飲めば良いと言う訳ではないんです!

 

 

一般的に最も効果的な水素摂取量と言うのは、1日当たり2.0mgとされています。

 

 

そしてこれを1日3回に分けて摂取すると1番理想的な飲み方とされています。

 

 

また摂取量というのは、水素濃度によっても変わってきます!

 

 

2.0mgという量は1.0ppmの水素水の場合、2リットル。

 

 

7.0ppmの高濃度水素水の場合、286mlとなります。

 

 

水素水はただたくさん飲めば良い訳でなく、水素水の濃度によって、体内の活性酸素の量によって、適切な飲む量は変わります!

 

 

低濃度の水素水であれば多くの量を飲まないと必要な水素量は摂取できませんし、高濃度の水素水であれば少量飲むだけで必要な水素量を摂取することができます!

 

 

ですので、色々な所で、「なるべく濃度が高い水素水を飲むと良い」と言われているのです。

 

 

毎日たくさん飲める人は水素水濃度が低くても問題ないのですが、たくさん飲めない人は出来るだけ水素濃度が高い水素水を選ぶようにしましょう!